【根津 松本】日本一の魚屋が作る「のり弁当」

総合/4.5pt 

料理・味/4.5 接客/3.6

雰囲気/3.5 CP/3.7

 

プロフェッショナル・仕事の流儀

豊洲が誇る世界のツナキング・やま幸の社長から、

日本一の魚屋・根津松本

のり弁当を始めたと聞いて早速電話してみた。

朝10時に電話するも一向に繋がらず、
何度リダイヤルしたことか。

やっとつながったのは午後2時を過ぎた頃。

「のり弁当お願いします。」というと、
「今日は朝から大忙しで、何個必要ですか?」
「・・・2個でいいんですが」
「のり弁2個だったらなんとかなります」

翌日、10時に行ってみたら、
店主の松本さんがショーケースを拭いていた。
ご挨拶をしていろいろ話をしました。

やま幸も認めた

とにかく最高のものしか置いてない。
のり弁オールスターズですね!
一切れ2500円のオオスケ、
アジの干物は1500円、
自家製のちりめん山椒は100g1200円、
竹輪は1本200円・・・etc

のり弁は2914円、ちらし寿司は5000円。
1万円を超えるお弁当もある。

儲かるでしょう?というと笑いながら、
仕入れが高いので儲かりません、と。

限定のり弁・3000円

出来上がったのり弁を持って帰って分解しながら食べた。
最高級のご飯の上に最高の海苔。
その上に竹輪の磯部揚げとシャケ
ちりめん山椒、銀鱈の竜田揚げ、
白瓜のお新香、江戸前の玉子焼き。

味は濃い目ですが、
よくこんな最高だらけののり弁を作ったものです。
1日限定30個しか作れないのも納得です。

ほかほか弁当ののり弁も好きなんですが、
それを想像して蓋を開けるとビジュアルも
味も全く違うものなんで驚きます。

4番バッターの食材だけで
のり弁当を作ったようなものです。
不味いわけがない!めっちゃ美味い!

他にも5000円のちらしずし、
10000円のスペシャル弁当の3種類。

ちらしずし5000円

たっけぇ~な~と思いつつ、
また食べたいので買いに行こうか迷ってます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
根津松本(ネヅマツモト)
住 所 :〒113-0031 東京都文京区根津1丁目26−5
電 話 :03-5913-7353
営業時間:11:00~19:00
休業日 :日曜・祝日の月曜
https://tabelog.com/rvwr/alwaysudon/rvwdtl/B364323279/

 

都バス 上58 根津神社入り口 1分
根津駅から460m

メルマガ登録はこちら

最初のコメントをしよう

必須