【ラーメン大至】神田でノスタルジー満載の素朴な一杯

総合/4.0pt

料理/4.0 接客/3.5

雰囲気/3.6 CP/3.6

ザ・ノスタルジー

ここ何年かで色んなラーメン屋さんができた。

ラーメンも様々でよくぞこんなラーメン考えた!
と、感心する程の店もあるのだが、

一方で昔からある、ラーメンというより
中華そばと言った方が似合うものを出すお店が減った。

いや、減ったというよりあまり評価されなくなった気がする。
時代と共に好まれる味が変わっていくのもわかるのだが、

ちょっと寂しいかも。


チャーシューメン(醤油)

やっぱり中華そばが好き

そんな中で見つけたのがこちらの”ラーメン大至

丼の渦巻き模様も泣けてきます。
この醤油味がそそるんです。

もう旨いとしか形容詞が出てこない。

淡麗やら濃厚やらそんな言葉は必要ありません。

店内に掲げてある、

「流行を追わず奇をてらわず
至って質朴なラーメンを
至極真摯に手間掛け作る」

まさに質朴という言葉がピッタリの一杯。

塩ラーメンは食べていて、
「どこかで食べたことがある」
「この香りはどこかで嗅いだ」

店内の貼り紙を見てピンときた!

サッポロ一番「塩ラーメン」

面白いなぁ・・・・

遊び心もあって、ノスタルジーもある。

ちなみにノスタルジーたっぷりの
このラーメンで使ってる麺は、

浅草開化楼不死鳥カラス氏が考案した麺です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

住 所 :東京都文京区湯島2-1-2 佐藤ビル 1F
電 話 :03-3813-1080
営業時間:[平日]11:00~15:00/17:00~21:00(L.O.20:45)
[土]11:00~15:00
定休日 :日曜…祝日

・JR中央線「御茶ノ水」駅(聖橋口)より、徒歩6分
・東京メトロ銀座線「末広町」駅(4番出口)より、徒歩7分
・東京メトロ千代田線「湯島」駅(5番出口)より、徒歩9分
御茶ノ水駅から400m

メルマガ登録はこちら

最初のコメントをしよう

必須