【練馬 鳥長】練馬の住宅街に知る人ぞ知る”鳥料理の名店”

※なんと11月に暖簾分けで
新潟にも鳥長ができるそうです

 こちら→練馬 鳥長 新潟店

練馬では誰もが知る有名店

初めて鳥長に行ったのは10年以上前。
地元の人に「旨い焼鳥屋はどこ?」と聞くと、
必ず「それは鳥長だね」と答える。

でも「辺鄙な場所だから全然混んでないよ~」

お店は練馬駅から10分以上歩く、住宅街の中。
まさにグルメ真空地帯なのだ。

鳥長の外観
何のお店かわからない

当時は食べログも今ほど普及してなく
立地が悪いと美味しい店でも混雑しない時代(笑)

店主は人見知りの無口な中年(に見える)

実際に行ってみると確かに遠いし、
中年の無口な男性が一人で営業していた。
(一人はこの日だけだったらしい)

店主の川越さん。
無口な感じはしますが実はなかなか面白い。
馴染みになると話しかけてきて、世間話をしたりする。

一人でやってるのに人見知りとは面白い!

食通のハートを掴んだ名物料理

この店の名物料理ともいえるものがある。
初めて食べた人は「ネギトロですか?」という。

それが生つくねだ。

新鮮な鶏の皮や脂、胸、腿、ささみなどの肉をミンサーで挽き
手で軽く捏ねた後に山葵とネギで食べる。

鶏の臭いは一切しない。
まるで”上質の中落ち”だ

私はいつも「なんちゃってネギトロ巻き」
を作ってくれ、とお願いする。
酢飯がないからと断られるが・・・。

鶏の良さがストレートにつたわる”胸肉のたたき”も素晴らしい!

身と皮の間にある脂の色・・・
黄色く怪しい輝きで「かしわの川中」ならではの肉。

・肥育環境(平飼い)
・厳選した餌と水、
・鶏にストレスを与えず十分な肥育期間を与える。
この条件を満たして初めて旨い鶏が出来上がる。

余計な味付けは必要ない。
塩だけで十分。

 

時々お願いするのがこれだ!
関西出身の私の思い出の鶏料理だ。

チューリップ!

東京ではほとんど見ないのだが
いったいどこに消えてしまったのでしょう。

鳥長で川越さんにお願いするまで
何十年も食べてなかったような気がする。

 

そして、私が考えたというかお願いしたというか・・・
「かしわの川中」淡海地鶏のメンチカツ

これをお願いすると川越さんはめっちゃ嫌な顔をする(笑)
只のメンチと思ったら大間違いらしく、
皮や軟骨、脂などいろんなものを混ぜ込んで
味に深みを出しているのでかなりの手間がかかるらしい。

川越さん、ありがとうございます!

 

淡海地鶏・ささみの漬け
甘鯛か金目のづけで食べいているかのよう・・・

 

ささみカツ。
芯の部分をピンクに残して・・・
箸が伸びて瞬間で無くなりますね(笑)

 

 

みんなが大好きなのが鳥長の鍋

冬はほぼ全員が食べるが鍋だろう。
川越さんのその時の気分でいろんな鍋があるのだが、

鳥鍋かフォアグラ鍋。

鳥鍋は、
皮目を炙った胸肉を・・・

 

自家製の鶏白湯で食べる。
野菜は季節によって、クレソンだったり、キャベツ、レタス・・・・

いいネギが入ればネギの時もある。
下仁田ネギなんか入れちゃったら、旨すぎます!

 

鶏がいいので見た目と違ってあっさりしてます。
美味そうですね

「アナとうどん」で一躍有名になったのがフォアグラ鍋

フォアグラの脂をネギが吸い込んで
いい具合に焦げ目が付いたら甘辛い醤油で味付け。
いうことないですね。

それ以外にも川越さんはアイデアマンなんで
いろんな料理があるし、〆もいろんなパターンがあります。

 

私が好きなメニューを紹介しますと

これはもも肉のフライを鶏白湯を使ったカツ煮
醤油で味付けした後にこのまま食べても、ご飯にかけても・・・
死ぬほど美味いです。

 

 

これも必ず出ます。
フルーツトマト。

 

鶏白湯ではなく、白濁させない鳥鍋。

 

さっぱりと塩味で食べる。
ネギの甘さが際立って旨い!

こんな鶏肉はなかなか見ないです。
素晴らしい!

〆のラーメン

 

 

残ったスープを強引に卵でとじて麺を入れるのだが・・・
なんだかわかりますか?

鶏白湯にはなんと
素麺がめっちゃ合います。

ゲッターズも鳥長が大好き!
もしかしたら遭遇するかも。

そして、再登場のメンチカツ。

本当に鳥長はめっちゃ旨いです。
今でもいろんな新しいメニューを開発してようです。

川越さん、頑張ってください。

※なんと11月に新潟に支店を出すそうです
 こちら→練馬 鳥長 新潟店

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
練馬 鳥長(ネリマ トリチョウ)
住 所 :〒176-0012 東京都練馬区豊玉北4丁目31−8
電 話 :非公開
営業時間:18:00~
定休日 :日曜・祭日の月曜
備 考 :

西武池袋線 練馬駅南口から徒歩10分弱。
千川通りを越え、目白通りを目指す
(練馬署を右に見て、一つ目の角を右折した細い道を
直進すると左側にセブンイレブン)。
目白通り沿いにセブンイレブンがあるので、
ダイビングショップと韓国食材店の間の道を
さらに少し直進した左側。

練馬駅から435m

メルマガ登録はこちら

最初のコメントをしよう

必須