【老香港酒家 京都】古都・京都に相応しい「オールド香港」

総合/4.2pt

料理/4.2 接客/4.0

雰囲気/4.0 CP/3.5

香港料理を再現した老香港酒家京都

四条烏丸の交差点にある商業ビル「COCON烏丸」の地下にあります。
東京でいうと数寄屋橋の交差点のような感じでしょうか。

結構な大箱で100人くらいは入れるかも。
駅からも直結してますので便利ですね。
今回は上海蟹を予約してあります。

予約者の名前を告げると、
個室に案内されました。

店内はかなり広いですね!
ホールもかなり広いし、
個室は幾つあるのかわからないくらい。

個室に行くまでの店内が広いこと(笑)。
一体何人くらい収容できるのでしょうか。
もしかしたら、結構式もできるんじゃないだろうか。

まるで香港のレストランに来たみたい。
(行ったことないけど)

食の都・香港の味

まずは前菜盛り合わせから。
チャーシュー2種に蒸し鶏、くらげ、胡瓜の酢漬け。

基本ですがなかなかウマイ。
何気ない料理ですがシェフの腕前が出ますね。

 

上海蟹は陽澄湖産が最高級とされています。

”陽”の字がちょっと違うのですが、
中国語なのでこれで陽澄湖と読むそうです。

 

最高級の陽澄湖産

上海蟹は主に、
紹興酒漬け、蒸しで出されます。

まずはスプーンで内子を啜り、
足や胴の部分に吸い付いて身を食べます。

お店によって味付けがされている場合がありますが、
紹興酒漬けはやばいですね~

ほぼ無口で無心。
唯一無心になれるのがこの瞬間かもです(笑)

雄・雌それぞれから白子と内子が取り分けられます。

ネットリとした白子は本当に美味しい!
雌の内子もかなり美味しいですが、
オスの方が値段が高いのも納得です。

白子と内子

 

 

溢れるサービス精神

胴体と足は二人がかりでほじくり出し、
お皿にとってくれます。

見ていても申し訳ないくらいですが、
この解し身も美味いんですよね。

 

20年物の甕出し焼酎。
恐ろしく美味い!
が、お値段も恐ろしかった(涙)
1杯4000円か

蟹だけじゃない

フカヒレは姿煮ではなく解したもの。
時間をかけて戻したものをバラバラにして
1本1本に味付け。

高級なフカヒレはこう食べるというのだが・・ホント?

 

フカヒレは一緒に付いてきたスープに浸して食べるのだが、
このスープの味は今まで経験したことのない美味さ。

どうやったらこんな出汁が取れるんでしょう。

カラスミチャーハンめっちゃ美味い!

個人的に一番好きなのがこのチャーハン。

卵白を使ったチャーハンにカラスミをふりかけ、
その上に薄切りにしたカラスミ。

カラスミのほんのわずかな塩分で
めっちゃ美味いのにさらに・・・

またしても付属のスープと一緒に食べると、
もうヤバい!

先ほどのスープもそうですが、
この旨みはどこから来るの?

この味付けどうやってるんでしょう・・・

 

 

 

蟹ばかりだったので海老も注文してみた。

 

いつも高級食材ばかりなので
「餃子とかはないんですか?」と言ってみたら・・・

本当に餃子が来ました。
美味い!

 

卵白で~~~~~~~~~~~~~
老香港酒家 京都(オールドホンコンシュカ キョウト)
住 所 :〒600-8411 京都府京都市下京区水銀屋町 下京区烏丸通四条下る水銀屋町620
電 話 :075-341-1800
営業時間:11:30~15:30(L.O.15:00)/17:00~22:00(L.O.21:00)
日曜営業
定休日 :年中無休(但し、年に数回の休館日あります)
備 考 :

市営地下鉄烏丸線「四条」駅 2番出口 直結
阪急京都線「烏丸」駅 23番出口 直結
市バス「四条烏丸」徒歩すぐ
四条駅(京都市営)から63m

メルマガ登録はこちら

最初のコメントをしよう

必須