【茶寮 宮坂】六本木ヒルズを代表する日本料理(となるかも)

総合/4.5pt

料理/4.5 接客/4.5

雰囲気/4.5 CP/3.7

ヒルズの和食ランチ

大阪で予約不可能なお店に行くときに
いつもお世話になっている友人が東京にやってくる。

「ランチでしませんか?」

というのでどこに行こうか、
いろいろ悩みました。

最後に思いついたのが、
「大阪人だから六本木ヒルズに行きたいのでは??」

よっしゃ~!
ヒルズだ!

といろいろ探してみたのですが・・・

なんとか次郎さんとか、〇かわとかの神様コンビは
名前ばっかりで実はイマイチだし・・・

青山の名店が六本木に

で、ふと見つけたのが「宮坂」の文字。

これって、あの「御料理 宮坂」の系列か?
食べログで写真を見ると内装がクリソツ。

しかもお昼の献立は「鯛茶漬け」のみ。

いいじゃないですか~!
ゴージャス感もあるし、味も間違いないだろう。

単純な料理ほど美味い!
早速予約しました。

御料理 宮坂を再現したシブい店内

当日、不慣れなけやき坂から3Fへ、
ELVを降りて若干迷いながらもなんとかお店の前。

12時前でしたが、若いスタッフが出てこられて
暖簾をかけて開店準備完了。

中に入ると中はまさしく青山の「御料理 宮坂」と同じ内装。
違うのはお店の広さぐらいか。

他では見ない重厚感のあるシブい内装です。
調度品も素晴らしくゴージャスです

カウンターの真ん中に案内される。

お昼の献立は鯛茶漬けのみ

・ご飯の煮え端
御飯を炊く時に沸騰しはじめる瞬間が
もっとも風味や香りのよい状態とされる。

・おかず
しし唐味噌、ちりめん山椒

・御新香

・海老フライ
驚きの一品だがもちろん大歓迎!
一気にご飯が進む予想
2尾をツイストさせてまとめて揚げてある。
食べ応えもあってとっても美味しい。

・御飯
ご飯は信楽雲井窯の中川一辺陶に
特別注文した窯で炊き上げる。
この御飯がめっちゃ旨い!
お米も水も水加減も炊き方もすべて最高!

・焼き海苔

・鯛茶漬け   淡路の鯛を使ったもの。
胡麻餡は煎り胡麻を擂り鉢で当たって
味付けしたもの。

鯛茶の出汁は鯛のアラを炙って出汁を取ったもの。
不味いわけがないですね

御飯が旨い、鯛が旨い・・・もう止まりません。
しし唐味噌・ちりめん山椒、で1杯行ける勢い。

何とか押しとどめて、海老フライへ行くとさらに止まらない。

鯛の切り身をそのまま食べて、、、最高!
切り身に出汁をかけて、、、最高!
お焦げに海苔と鯛の切り身で出しかけて・・・

もうご飯が足りない勢いでした。
本当はいくらでも食べれたのですが、
キリがないので何とか自分を押しとどめた感じです。

最後は抹茶とアイスと自家製の大福。

昼と夜の献立はもちろん全く違うのでしょうが
ぜひ、夜の料理も食べてみたい!と思わせる、

素晴らしいお店でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
茶寮 宮坂(サリョウミヤサカ)
住 所 :〒106-0032 東京都港区六本木6丁目12
電 話 :03-6447-1160
営業時間:11:30 ~ 23:00
定休日 :無休
備 考 :

けやき坂「MINI」の右手のエレベーターで3階へ
左手先にあります La Brianza の反対側。
黒漆喰の壁と古木のドア。
六本木駅から469m

メルマガ登録はこちら

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります

  1. 山崎 澄子

    初めまして。まだ入会(?)したてですが、愉しみに拝見しています。今季16連敗という偉業(笑)を成し遂げた某プロ野球団のファンなので、神宮球場詣でに時々上京するのです。
    いつかぜひこちらにも伺いたいと思います。
    鯛茶漬けに海老フライ!
    斬新ですわ。

    厚かましいのですが、お時間がおありのときに「神宮球場近く」「女性ひとりでも入りやすい」「ドレスコードが緩い」「ラストオーダーが21時以降」という厄介な条件をクリアできる美味しいお店がありましたら、ぜひ教えて下さいm(_ _)m