【茶懐石割烹 温石】焼津でシブく光り輝く日本料理

総合/4.5pt

料理/4.5 接客/

雰囲気/3.7 CP/4.7

 

凄かった焼津

焼津にサスエ前田魚店という有名な魚屋がある。
TBSの「情熱大陸」でも取り上げられたお店。

静岡県内にサスエ前田魚店の魚を
使っているお店が何軒かある。

静岡の「炭焼き鰻 瞬」も使っているし、
和食にとどまらずイタリアンや

関西のスペイン料理のお店ともコラボしたり。

サスエ前田と茶懐石 温石

友人からこの温石もサスエ前田魚店の魚を使ってると聞き、
魚を食べるなら懐石料理で食べようと、やってきました。

住所を間違えたかと思うような住宅街で
ひっそりと営業している。

焼津と言えば古くから漁業や農業で栄えてきた街。

この温石の建物を見ても昔は栄華を
誇ったであろうことは推測できます。

 

門をくぐって奥へ進む。
数寄屋造りの家屋が続く。

茶懐石割烹 温石

茶懐石割烹と銘打つだけあって
通された室内は茶室を再現したもの。

 

お椀
臭みを一切感じない椀種。
そして、その椀種を生かすギリギリの塩分。

まさしく京料理だ。
これから始まる料理を想像しただけで
ワクワクしてくる。

鰹とアオリ烏賊の刺身
この鰹の脂のノリはどうだ!

凄すぎる”サスエ前田魚店”

まるで中トロと見紛うばかりの迷い鰹。
ここまでの鰹はなかなかなかなか入らないそうです。

幸運だったようです。

静岡で有名な日本酒と言えば

磯自慢

目白の名店「和幸」

今は無き目白の和幸で修行したという2代目

目のまえで焼津の蘊蓄を聞きながら
サスエの魚に舌鼓を打つ。

 

椎茸

 

あまりの旨さに食事の前に
追加でお願いしたら、

椀種のアラを串にさして焼いてくれたのだが、
これが絶品だった。

塩加減と日の通し方が絶妙。

 

ハマグリご飯!

 

ハマグリご飯も美味かったが
一緒に出てきた”桜海老の佃煮”か
お土産に買いたいほど美味かった。

 

ご飯に乗せると・・・・

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
茶懐石 温石(チャカイセキ オンジャク)
住 所 :〒425-0022 静岡県焼津市本町6丁目14−12
電 話 :054-626-2587
営業時間:12:00~13:30(最終入店) 18:00~20:00(最終入店)
時間外でも営業できる事がありますので、予約時の電話でご相談ください。
定休日 :不定休
備 考 :

焼津駅より徒歩20分/焼津インターより車で15分
焼津駅から1,357m

メルマガ登録はこちら

最初のコメントをしよう

必須