【鮨なんば 日比谷】阿佐ヶ谷でも日比谷でも鮨なんば

料理/4.2 接客/4.0

雰囲気/4.2 CP/4.5

阿佐ヶ谷から念願の日比谷進出

阿佐ヶ谷の名店・鮨なんば。

都心でやりたいと話しておりましたが
平成30年3月、とうとう夢が叶って

港区日比谷にやってまりました。

阿佐ヶ谷のお店は弟子に任せて、
日比谷は支店という形。

阿佐ヶ谷は1年以上の予約待ち。

日比谷は急がなくても大丈夫だろう、

と思っていたら

4月には5月の予約がほぼ埋まりそう・・・

またかよ!

ここもまた予約が取れなくなりそうな勢い。
で急いで予約しました。

芸能人にも大人気

マジか!
何でそんなに人気なんだ。

まぁ、美味いからしょうがない。

店主の難波さんはいろんな芸能人とも仲がいいし、
難波さん自体もいい味出してます(笑)

夕方、日比谷ミッドタウンに行くとごった返しています。
エスカレーターに乗るのもちょっと待つくらい。
(今はだいぶ落ち着いているでしょう)

3Fに上がるとほかの店舗の華やかなに比べて
入り口からしてひっそり地味な造り。

これこそが難波さんらしい。

温度センサーでシャリの温度管理

中は大理石ばりの重厚な造りでシブい!
カウンターには久しぶりの難波さん。

太りましたね。

にぎりは相変わらず美味しいのですが
阿佐ヶ谷と違うのはシャリの温度を導入したこと。

シャリは人肌くらいの方が旨みを感じるのですが、
ネタごとに温度を設定している。

どうやんだろぉ~と思ったら
温度センサーでシャリの温度を調節するんです。

しかもネタごとに温度を変えるとは・・・変態。

個人的にはそんなことしなくても
難波さんのにぎりは美味しいですよ、
と声を大にして言いたい。

鮨なんば 値段

値段も阿佐ヶ谷の2万に比べて、
3万円ほどとかなり上がった感じがありますが
これもしょうがないでしょうね。

最近は向こう3か月くらいの予約は取れないらしい。
まぁ、美味い寿司屋はそうなりますよね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
鮨なんば 日比谷店(スシナンバ ヒビヤ)
住 所 :東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
電 話 :03-6273-3334
営業時間:18~
定休日 :月曜日・第1火曜日
備 考 :

日比谷駅から144m

 

メルマガ登録はこちら

最初のコメントをしよう

必須